デジタルサイネージ

新しい情報メディア デジタルサイネージ

デジタルサイネージがこれほど普及している理由は何でしょうか?

デジタルサイネージ

デジタルサイネージのメリット

  • 音楽・映像などを使って豊富な情報発信ができる
  • デジタルサイネージ導入のコストが下がった
  • 自身で手軽に配信用のコンテンツを作成・管理できる

弊社ではデジタルサイネージメーカーの協力のもと、設置場所や配信時間にあわせて最適なコンテンツを配信できるシステムをご提案いたします。

双方向デジタルサイネージへの進化

双方向型デジタルサイネージは、タッチパネル機能や、人の動きなどをモーションセンサーで検知して、ユーザーと双方向でコミュニケーションしながら、情報の収集、コンテンツの発信をします。

ネットワークに接続されているので、コンテンツの配信や切り替えなども、管理センターから遠隔操作で実施できます。 モーションセンサーは、人が近づいてきた時、画面を自動で切り替え、双方向型の選択画面などを表示することができます。

従来は一方的な情報の発信を行う一般的なデジタルサイネージが主流で、広告主はターゲットに合うと思われる広告を予想して表示させていました。

双方向のサイネージの場合は、タッチや動きをサイネージが感知することによって利用者自身が必要な情報にたどり着くことができる点が特徴になります。

また、多言語表示の切り替えにより訪日外国人観光客の対応にも使用することができます。

双方向デジタルサイネージ事例

光るテーブル「ソレッチャ」

工芸技術の復活

保険・メンテナンス

イベント